Hatena::Grouphangryandangryf

堕PUNKの日記

2010-06-19キレやすい日記②

前回書いたタクシー事件からさか上ること2週間ほど前だろうか。

お昼ごはんを食べようと、某ア○レのレストラン街に行った。

いつものようにおそばにしようかと思ったが、

この日は初めての中華料理店へ。

メニューは見るまでもない。

私の心は「酸辣湯麺」一筋だ。

若い男性の店員さんに声を掛けて「酸辣湯麺」を頼む。

この時に、店員さんはメニューを下げてはくれなかったが、

まあ、あちらも忙しいのだろう。

とその時は納得した。

所詮は麺類だ。

10分も掛からない代物だ。

私の読みでは8分だった。

8分くらいで来ると思ってた。

ところが、10分過ぎても、私のテーブルに麺は運ばれない。

この段階で嫌な予感はしていた。

もしかして、忘れてる?

でも、15分までは待とうと思った。

それでも来なければ、訊いてみようと。

15分過ぎた。よし、言ってやる!と決意したところで、

厨房担当の人と思われる女性がコチラにやって来た。

メニュー片手に。

「大変申し訳ございません」

(あー、やっぱ忘れてたか。まあいいや。待ってやるか)

「はい」

「あのぅ、お客様のオーダーが通ってませんでして…」

(やっぱり)

「あ、そうなんですか…(ちょっと嫌そうな顔をするも)。いいです、待ちますよ」

「すみませんが、もう一度、何を頼まれたか教えて頂けますか?」

はぁ?

オイオイオイオイ、ちょっと待て。

何を頼んだかも分からないってか?

「あの客、何頼んでないのに15分も座ってるよ?」

「え?おかしくね?」

「あー、誰か注文取ってるのかもしれないけど忘れちゃったのかな?」

「じゃ、聞きに行ってみる?」

みたいなノリなのか?

ってか、オーダーした兄ちゃんが聞きにくるものじゃないのか?

あんたに私は何も頼んじゃいない。

意味は分かってたけども、ここはトボけてみた。

「はい?どういう意味ですか?」

「あの、お客様のご注文の品を教えて頂けないかと…(メニューを開く)」

ここで一度、息を吐いてから低めの声で、

「酸辣湯麺に決まってるじゃないですかっ!」

(決まってないけど)

「すみません、すぐお持ちします」

いそいそとその女性は厨房に向かっていった。

するとすぐに店長と思われる人がコチラにやってきた。

「すみません、オーダーを取り忘れていたみたいでして…」

「いえ、注文内容内容を忘れられただけのことです」

「申し訳ございません。すぐに、3分でお持ちします」

!?

3分??

3分だと?

こちとら、8分レベルかと予想していたのに、

3分で出来ちゃうものなの??

ってか、3分出来るものを、私はこのときすでに20分待っていた。

料理が運ばれてきて、酸辣湯麺を頂く。

普段は大好きな酸辣湯麺が、やけに憎く思えてきた。

すぐに、伝票がテーブルに置かれた。

別に値段が引かれてるわけではない。

引いて欲しいわけではないが、やつらの誠意を見せて欲しかった。

もしかしたら、デザートのサービスでもしてくれるのかもしれない。

さりげなくメニューを覗き込むとデザートは、

「杏仁豆腐」と「マンゴープリン」だった。

残念だ。

私はこの2つとも食べれない。

「あー、どっちも食べれないんで結構です」

もし、デザートを薦められたとき用の言葉も用意していた。

頭ん中では4,5回シュミレーションだってやってみた。

だけど、食べ終えたところでデザートを持ってきてくれる気配はない。

無駄なシュミレーションだったな、っけ!

もういい。

誠意はいらん。

ならば、逆襲だ。

このまま閉店時間まで酸辣湯麺のスープをチビチビ飲んでやろうか。

(その時の時間が14時半)

ダメだ、私には会社に戻らなくてはならないという任務もある。

店内を目をやると、最初に私にオーダーを聞きにきた兄ちゃんが、

スタッフを笑いながら会話をしている。

そこの坊や。

お前だよ、お前。

私はお前に注文したよな?

だが、お前が一度も謝罪しないってどういうことだ?

チクショウ…誠意を見せないのなら、

せめて一言。あいつには文句を言っておきたい。

よし、お勘定の時がラストチャンスだ。

あいつに言うぞ。言ってやるぞ。


シュミレーション開始。

「あの私、3分で出来るらしい酸辣湯麺を20分待ったんですよ。あなたに注文したのに、なぜ謝罪に来ないんですか?」

いや、何か言い方が女々しいな。

「おい。酸辣湯麺が来るまでの20分を返してくれやっ」

脅○まがいなのでヤメ

「ねぇ、私のこと覚えてる?1時間以上も前に、あなたにアレ頂戴って頼んだじゃない…なんで、忘れるの?」

etc…

まあここはシンプルに「教えて頂きたいのですが、何でオーダー飛ばされたんですか?店員さんが忘れたのであれば、その人が謝罪するのが筋じゃないんですか?」

よし、これにしよう。これで行こう。

伝票を手にレジに向かう。一歩一歩。歩みを進める。

すると外から藤岡琢也似で角刈りの小柄なおばさんが入ってきた。

私の顔を見た途端、「どうもありがとうございました」と深々とお辞儀をした。

この方は、厨房の雑務を担当していて、何度かゴミを運搬していたのを知っていた。

おっちゃん似だが、おばちゃん。

(声を聴くまでもしかしたらおっちゃんかもと思ってたのだが)

今は亡き、藤岡琢也にソックリだ…

男勝りなその角刈りには苦労がにじみ出ているかのように白髪が混じりあわせっていて…

あー、もうよう分からんが、この人に免じて今回はすべて許してやろう!

「どういたしまして」

私も深々とお辞儀をし、レジでは一言も文句も言わず店を出た。

(もしかしたらレジで再度謝罪があるかと思ったが一切なかったけどね、っけ!)

ってなことで、この事件以来、

最愛の「酸辣湯麺」を食べたくても、

なぜか藤岡琢也を思い出してしまうので、最近はもっぱら

「サンマー麺」な日々です。

次回は「ヘイ!ドクターちょっと話を聞かせてくれぃ」「ちょっと待て!うちの病院はだな…」篇をお送りしようと思ったのですが、

ドクターから丁寧な連絡があったので辞めておきます。

2010-06-17キレやすい日記

昨日のイチハチは録画で見た。

よっすぃがキレやすいという印象はあまりないのだが、

タクシーの話は激しくうなずいた。

私も、グリーンカードはよく手に取る。

こう見えて、いや見ての通り、私はキレやすい。

運転手さんに私もよく腹を立ててしまうことがある。

まず、行き先を告げあと、「コースは?」と敬語で返してくれなかったとき。

必然的に私も敬語を辞める。「○○通りから△交差点を曲がって」

それでも降りるときには、「ありがとうございました」と向こうが言わなくても私は言うようにしている。

これはまだマシなバージョン。

先日、タクシーに乗り込んだら後部座席の窓が全開だったときがあった。

社内の臭いからしてタバコを吸っていたのだろう。

当方も喫煙者だから、それくらいじゃ腹は立てない。

「○○までお願いします」

と言った運転手さんには聞こえない。そりゃそうだ。窓が全開で外の騒音(路上ミュージシャン)のせいで聞こえないのだ。

私は、無言で窓を閉めた。

すると運転手さん、「行き先は?」

「○○」

「は?」

「だから○○」

そのまま、無言で走り出したタクシー。

ここでグリーンカードを降りるときに貰うことを決意する。

ところが曲がらなくてはならないところ、運転手さんはスルーしようとした。

「ちょっと、ここ曲がって下さいよ」

運転手さんはまた無言のまま、曲がった。

目的について「じゃあ、ここで降ります」と言ったが、

運転手さんは金額も言わないどころか、ドアを開けるだけ。

さて、グリーンカードは…と思ったところで、全部切らしていた。

そりゃそうだ。この態度だ。

他のお客さんもみんな奪っていったのだろう。

お金を渡す前に「あの、グリーンカードないの?」

「切らしてる」

「何で補充しないんですか?」

ここで、私がクレームをつけたいことに気付いたのだろう。

「あのね、お客さんの声が小さいから聴こえないんだよ」

「運転手さんが窓全開にしてるから聴こえないんじゃないですか?」

「っち、だから小さいから聴こえないんだよ」

「さっきから何で上から目線?しかも何でコース確認しない?私が言わなかったら道間違えてましたよね」

「はぁ?」

「あら、一瞬スルーしようかと思ったけど、いま舌打ちしましたよね?ところでいくら?」

「(メーター)見たら分かるでしょ?」

「(お金を渡しながら)運転手さん、お名前は?」

「見たら分かるでしょ」

「○○さんですか?ってか、領収書は?」

無言で渡す。

「こんだけ不快な思いをさせられたことを、会社に電話してもいいですか?」

「どうぞ」

「では遠慮なく」

と言って、降りた瞬間に一言。

「っち、勝手にしろよ!バカ」

と叫んでタクシーは去っていった。

その場で即効会社に電話。

電話に出た人は、悪くはない。お前に怒ってるんじゃない。

だが、舌打ちされたあげくにバカと言われたのだ。

「それは大変失礼いたしました。運転手が戻ってくるのが明け方になりますので、戻り次第話を聞きます」

「あの、別に私は謝罪が欲しいんじゃないですし、そちら様に謝って欲しいのでもないんです。ただどういうつもりだったのか、なぜあのような態度を取ったのか、その理由が知りたいんです。○○さんに確認してください。で、連絡下さい」

「分かりました。明日、お電話させて頂きます」

翌日、14時過ぎてもタクシー会社からは電話はない。

再度、電話をする。

担当者が出て、まず謝罪の言葉。

「運転手に確認しましたところ、お客様の声が小さかく聞き取りづらかったとのことでして…」

「それは、運転手さんからも言ってましたから知ってます。昨日もそれ電話でいいましたよね?でも窓全開ですよ?タバコ吸って窓全開でしかも駅前。路上ミュージシャンが歌ってる中、私はいつもどおりの発声で行き先を告げたまでです」

「それは失礼いたしました」

「昨日も言いましたけど、私が欲しいのは謝罪じゃないのです。どういうつもりだったのかが知りたいのです」

「誠に申し訳ございません」

「道を間違えられそうになった挙句、舌打ちされて、バカ言われたんですよ?」

「そのようなことが…大変失礼いたしました」

「いやいや、ってか、私、この内容昨日も言いましたよね。そもそも折り返しの電話も頂けなかったですよね?」

「はい」

「だから、運転手さんがどういうつもりだったかが知りたいと私は言ってるわけでして」

「もう一度、きつく注意しておきます」

「だぁーかぁーらぁー、そうじゃなくてどういうつもり…あー、もういいです」

「誠に申し訳ございません」

「いやね、○○さんに腹を立ててるんじゃないですよ。別にあなたから謝罪の言葉を聞きたいわけでも、運転手さんに謝って欲しいわけでもないんですよ」

「ちなみに道は、最終的に間違えたわけじゃないんですよね」

「はい?」

「あ、いえ、ですからお客様を目的地まではお届けしたんですよね」

こっから言葉が出なかった。

目的地に届けたのだから、こちらにそこまでの否はないということなのだろうか。

「あら、そういうまとめですか?」

「いえ、そういうわけでは。お客様に不快な思いをさせてしまったことは心よりお詫び申し上げます。つきましては運転手を再度呼び出ししまして…」

「もういいです。つまり、クレームの電話は客側が折れるまで謝罪を続けるというフォーマットに沿った対応をしているあなたは悪くない。あなた方にとって面倒なのはクレームをつける私だということは理解しました。ただ、これだけは覚えておいてください。そちらの会社の運転手さんが、客に対し舌打ちをし、バカと言ったという事実を。それでは」

ここまで書いて、私もかなり理屈屋だなぁと思うのだが、

それにしてもあの日のことを今また思い出して怒りがまた湧いてきてしまった。

私の言い方も厭らしい部分はあるだろう。

でも、バカはないよなぁ、バカは…。

まだ「ブス」言われるほうが納得するのに。

ってことで、次回は「酸辣湯麺に決まってるじゃないですかっ!」編をお送りします。

2010-06-04これはスロット日記だよ

「HANGRY&ANGRY」スロット台構想①

01:39

この日記をどう扱っていいのかが、イマイチ分からないのだが、せっかくなので、ハンアンに関して書いていこう。

過去に、娘。のスロット台が出ましたが、

もし「HANGRYANGRY」のスロット台が出たら?と考えてみた。


■ 赤7はハングリー、青7はアングリー、ボーナス中に揃えるため(RT突入チャンス)だけにあるであろう、白7はダンのキャラクターが書かれているはずだ

■ 黒バーは?おそらく「ハンアン」のロゴになると思う

■ チェリーは間違いなくジュリ扇だなピンクと青の。あ、スイカどうするか…ベルも悩む

■ RTの扱い。アングリーによる首切りタイムみたいな感じになるだろうけども、細かい設定が思いつかない。切られたら終了にする?アングリーが客に「帰れっ!」→BETボタン→客帰ったら終了?

■ そもそもボーナス中の曲をどうする?選択式?普通にキルキス?だとしたら、レギュラーは、サディダンか?トップシークレットか?

■ RTをアングリーのカクカクダンスでもいいんじゃない?(必然的にBGMはトップシークレットか)

■ リーチアクションをどうするか?(一番の課題)

■ ラブマシーン号とかの設定を無視してもいいのか?

■ 万が一ミラクルでヒットしたら、パネルも各々Ver.出してね。でも、設定悪そうでもハングリーVer.に座る


などなど、少しずつ構想をまとめていきたいところだが、

明日以降の気分は分からないので、思いつきで…対処すると思う。

2010-06-03グダグダ

HANGRY&ANGRY F 団、発足おめでとー

pagyoupagyou2010/06/03 10:49コソーリGIFを借りてみたお

punkypunky2010/06/03 15:35ドーゾドーゾ